事業承継【一般・産業廃棄物収集運搬業-不動産賃貸業】先行きの見えない不安を抱える経営者が企業の安定と成長のため有力な戦略として決断したM&A

譲渡企業 譲受企業
事業内容 一般・産業廃棄物収集運搬業 不動産賃貸業
所在地 郡山市 本宮市
売上規模 60,000,000円

M&A成立に至るまで経営者様の課題

譲渡企業譲渡企業
長きに渡り一般廃棄物収集運搬業を堅実経営続けてきたものの、代表者高齢になる一方で後継者が見つからない状況を思い悩んでいたところ、当センターに相談があったもの。
事業譲渡に際しては、しっかりとした経営者にバトンタッチを中長期的目線で繋ぐとともに、業績のシナジー効果と従業員の雇用維持や取引先関係維持が保てる先を切望していた。
譲受企業譲受企業
譲渡企業とは異業種企業ながらも事業戦略に優れている経営者であるとともに、シナジー効果期待できる先と考え当センターから交渉スタート。
譲渡企業の従業員の雇用維持かつ持続可能なスキーム検討のうえ提案、方向性統一図れ合意に至る。

M&A成立に至るまでM&A成立に至るまで

本案件は経営権は譲受企業へ移るものの、前代表者が元気なうちは会社へ留まり実質的な経営体制は変わらずに継続される。
譲受企業はシナジー効果等を得ながら後ろ盾として経営をサポートしていくことが大きな成立のポイント。
先行きの見えない不安を抱える経営者が有力な経営戦略としてM&Aを選択したことで、企業が安定し成長も期待できる見通し。

当センターとしては、色々なパターンが存在する中小企業のM&Aにおいて、買収というイメージよりも『何の為に』の方向性統一を図り、従業員の雇用維持や取引先との関係維持等に趣を置きながら、譲受企業が中長期的に持続可能な形で共存、共栄できるスキームをしっかりと提案していく事が肝要であると考えております。