譲渡・売却【介護事業-介護事業】当社仲介により賃料引下げ交渉など長期的に黒字化が継続できる仕組みを提案し、利用者サービス継続と従業員雇用維持を実現したM&A

譲渡企業 譲受企業
事業内容 サービス付高齢者住宅、居宅介護、訪問介護運営 グループホーム等高齢者施設運営
所在地 福島県郡山市 福島県郡山市
売上規模 100,000,000円

M&A成立に至るまで経営者様の課題

譲渡企業譲渡企業
建設業企業が別法人にてサービス付き高齢者住宅を中心に居宅介護やデイサービス等を運営。 開所当初は順調な滑り出しであったが、介護保険制度の改正や人件費高騰等により資金繰りが厳しくなっていた。 そのような中で、業界全体の人材不足により代表自身が夜勤に入る等本業も疎かになる事態に陥り事業の譲渡を希望。
譲受企業譲受企業
譲渡側と同地域含む広域で複数の高齢者施設を運営し、ノウハウも充分兼ね備えている企業。 近年は、遠隔地域の施設を譲渡し管理コストの削減と近隣地域での施設増によるスケールメリットを図る方針で近隣地域での高齢者施設の譲渡案件を探していた。 今回はサービス付き高齢者住宅及びデイサービス・訪問介護の譲渡案件。業界全体の人材確保が困難な中で多数の人材が確保できるメリットと赤字運営の施設を引き受けることのデメリットのバランスを考え、コスト削減とスケールメリットを考慮し譲渡を受けることとなった。

M&A成立に至るまでM&A成立に至るまで

今回の譲渡先からの最優先事項は、業績の悪化懸念からスピード感を持った対応と、何よりも施設の利用者へのサービスの提供と従業員の雇用継続であった。 譲受先には当社仲介による賃料引下げ交渉やデイサービス併合施設をリフォームによるサ高住施設のみへの切替え提案等から長期的に黒字化が継続できる仕組み提案、本件譲渡成立となる。 結果、譲渡先への利用者サービス継続と従業員雇用を守ることに繋がった。